学習

【高校英文法勉強法】英作文で定着を目指す!

記事の信頼性

記事を書いている私はこれまで私立高校で10年間様々な生徒に英語を教えてきました。

私の実際の指導実践の中から皆さんの役に立つ内容をお伝えしています。

 

今回のお悩み

英文法が苦手なのですが……

 

ポイント

結論:英作文で文法力のチェックができます。

 

英文法が苦手だという高校生は多いです。

 

特に四択系文法問題集を何周もしている人は、同じ形式の問題には解答できるようになりますが、一度形式が変わると対応できないことが多いようです。

 

原因は四択系文法問題集しかやらず、問題のパターンを覚えているだけになっていることです。

 

しっかりと英文法の知識を身につけ、正しく使えるようになればどんな問題でも考えて解くことができます。

 

英文法の知識を身につけるには英作文の活動が欠かせません。

 

一つ一つ説明していきますので、ゆっくり読んで見てください。

 

 

【高校生の勘違い】 英文法の力=四択問題に答えられる

 

高校生が「文法ができないんです」と言って私のところに持ってくるのはほぼ間違いなく、四択系穴埋め問題です。

こんな感じのやつです

 

COVID 19, a new type of virus, brought chaos all over the world and all events had to be (      ).

「新型ウイルスのCOVID19は全世界に混乱をもたらし、イベントは全て中止しなければならなかった。」

①call off ②called off ③calling off ④to call off

答え ②

 

こういう四択問題に答えられる人は、私の経験上2パターンいます。

 

【穴埋め問題に答えられる人の特徴】

1.英文法の力がある

2.問題のパターンを覚えている

 

この中で高校生のほぼ全員が2の人です。

 

このタイプの人たちは少し形式が変わると途端に問題に答えられなくなります。なぜならパターンで問題を覚えているからですね。

 

少し厳しい言い方をすると文法について考えていないからなんです。

 

例えば、定期試験は高得点でも模擬試験では成績が上がらないってことないですか?

 

定期試験は出題内容がある程度わかるので、その箇所を覚えれば得点できるんですが、模擬試験は何がでるかわからないから答えられない。

 

ひどい人になると「call offは受動態」などというわけのわからない覚え方をすることもあります。当然、英作文は全滅。

 

だから四択問題に答えられる=英文法力がある、は必ずしも正しくありません。まずはその間違いから抜け出すことが英文法定着の第一歩です。

 

 

ポイント

穴埋め問題が解けても文法力があるとは限らないよ。

 

 

 

英文法力とは?

 

 

では英文法を鍛えるにはアウトプットをすることが大切です。英語で言うアウトプットは英作文やスピーキングですね。高校生はスピーキングよりは英作文の方が勉強しやすいはずですので今回は英作文にFocusを当てましょう。

 

ポイント

英文法力=正しく英文が書ける。

 

実はリーディングでもスピーキングでもリスニングでも英文法の力はチェックできます。 ですが今回は一番わかりやすい英作文で説明します。 その他の技能と英文法との関係はまた別の記事にするのでお楽しみに。

 

中学校で英作文の練習ってあまりしないように思います。少なくとも私の時代はそうでしたし、生徒に聞いてもそんなに英作文に時間を割いている授業にはなっていないようですね(学校によって差はあります)。

 

とすると、多くの高校生は英作文の練習不足なんですよね。練習不足=英文法力の欠如なんです。

 

英作文の練習量が少ないなら増やせばいいじゃん!

 

教科書で文法を勉強したら四択問題ではなく英作文をやりましょう。書いた英語を先生に添削してもらえば、自分の間違いがわかります。

 

先生が直したところ=知識が足りないところ、ですよね。ほらチェックができました。

 

こうやって、文法力のチェック➡︎復習、を繰り返して英語力をガンガン伸ばしてください。

 

高校生でも利用できる英文添削サービスをご了解します!

 

アイディーなら持ち込みの英文も添削してくれますし、添削内容もかなり丁寧です。

 

文法が違う、単語の語法が違うなどはもちろん、より自然な英文を提案してくれるので語彙力を広げるにもぴったりのサービスです。

 

一度ぜひ試して見てください!

 



 

 

ポイント

英作文➡︎添削➡︎リライトで自分の文法力をチェック

 

 

オススメの英作文勉強法

 

 

オススメ勉強法1

基本例文を英作文

 

学校で使っている教科書に基本例文はありますか?(大抵あると思います)まずはその例文を覚えることから始めましょう。

 

一つの文法項目について20~30文くらい覚えればいいと思います。

 

学校の教科書類で十分な例文がないという人は下の本がオススメです。

 

 

高校の範囲を網羅しています。各単元に基本例文が用意されていますので完璧に覚えてください。それがみなさんの文法力の基礎になります。

 

基本例文を覚えるコンセプトは変わらず、中学校までの文法を扱っています。高校の文法よりも中学校の内容の方が当然大切です。英語が苦手な人はもちろん、得意な人もここから初めてもいいと思える一冊です。

 

 

 

オススメ勉強法2

リーディングの教科書を英作文

 

高校では『コミュニケーション英語」の教科書があるはずです(2020年6月時点)

 

この教科書に載っている文章、の日本語を英作文してみてください。

 

全く同じ英語にならなくてもいいです。

 

まる覚えをすることが目標ではないからです。

 

あくまでも自分の英文法の力を確認することが目的なのです。

 

書いたあとは先生に添削してもらいましょう。

 

結構きついのである程度学習が進んだ人、もう一歩力を伸ばしたい人、にオススメです。

 

 

さらなる定着を目指して

 

 

さらに知識を定着させるにはどうしたらいいのか。

 

スピーキングをメインにした勉強方法について書いたこちらも読んでみてください。

 

 

終わりに

 

以上です。

 

英文法は英語力の基礎です。正しい勉強方法、正しいチェック方法で効果的な学習をしてください。

 

 

 

 

 

 

-学習

© 2020 TAKO BLOG Powered by AFFINGER5